オンライン交流会 活動報告 vol.2

オンライン交流会の第3回は、殿下地区から「葉ずしと呉汁」を、第4回は、国見地区から「吹きガラスのある暮らし」をテーマに開催しました。

越前海岸盛り上げ隊の様々なバックボーンを持つメンバーに焦点を当てて、月に1度開催しているオンライン交流会。毎回、首都圏、県内、地元等から参加頂き、親子からご年配の方々まで、皆で和みながら、越前海岸の暮らしのバーチャル体験を楽しんで頂いています。

第3回「葉ずしと呉汁」

第3回は、8月7日に、私の住む殿下地区の体に優しくてヘルシーな郷土料理から「葉ずしと呉汁」をテーマに開催しました。

参加者の方が作って下さった葉ずしと呉汁

殿下の葉ずしは、甘い金時豆の入った五目御飯を、油桐の葉で、優しく拝むように包みます。

油桐の葉は、7月が旬で、地域の人たちが集まって採集し、葉の保存作業を行います。

呉汁は、福井県越前海岸に古くから伝わる生の大豆の粉「生豆粉(まめのこ)」を、お味噌汁に入れて作られるものです。呉汁は、良質なたんぱく質・食物繊維・カルシウム等が多く含まれていることから「スーパー味噌汁」とも言われています。

製粉所を営むごーる堂の堂下さんによる、ライブでの呉汁づくりは、豆の粉がどう変化するんだろうとワクワク。

葉ずしは、地元のお母さんたちが、ちょうど仕込み中の厨房にお邪魔して、作り方を伝授頂きました。

希望者には、食材(油桐の葉3枚、葉ずしの具、生豆粉)セットを事前にお届けしたので、親子やグループで一緒に楽しんで作って下さったりと、とても好評だったので、今回を機に、新たに商品化することも出来ました☆

また、料理関係者の方も多く参加され、免疫力を上げる食材、葉を使った郷土料理に関するコメントなどを頂き、とても有意義な時間に。

福井の食材を使ったコラボ企画のアイディアをお礼として頂きましたので、また次の企画につなげていくのが楽しみです💖

第4回「吹きガラスのある暮らし」

そして、第4回は9月22日に、越前海岸の芸術に焦点を当て、国見地区で「ワタリグラス スタジオ」を営む長谷川夫妻を迎え、「吹きガラスのある暮らし」をテーマに、オンラインワークショップを開催しました。

初めて挑戦した即興アート。

その場で、参加者の皆さんに、越前海岸をイメージしてもらい、投票により、形状(ウェ―ブ)、色(ブルー)、テイスト(シンプル)を決め、渡さんが仕上げた作品は、本当に美しく。

(ガラスを溶かす炉の熱さで、音声が乱れたり、現場の撮影側としては必死でしたが・・・)

完成した作品は、チャリティオークションで落札頂き、古民家再生プロジェクト「はりいしゃ」の活動資金に全額寄付させて頂きました。

後日、作品を受け取られた東京在住の方からは、素敵なお写真が添えられたお礼が届きました💖

幻想的な美しさにうっとり・・

「本当に素敵なグラスをありがとうございました。人を巻き込む美への探求心。ご夫妻のお人柄や人生観まで共感しました」

長谷川夫妻の美しいモノづくり、美しいコトづくり、そして越前海岸盛り上げ隊の活動につながる想いが語られ、これからの活動にますます新しい可能性が見えてきた交流会となりました。

次回のお知らせ

少しずつ、コロナも落ち着いてきたので、そろそろ旅に出かけたいですよね。 次回はいよいよシーズンが到来する “越前カニ”をテーマに開催します。

  • 日時: 10月24日 (土) 17:00~18:30
  • テーマ: 「ホテル割烹の若大将がご案内する越前カニ旅」

>>> Facebookのイベントページはこちら

シーズン前に、意外と知らないカニの豆知識が学べます。親子での参加も大歓迎です。出入り自由のご参加、お待ちしております!

殿下地区地域おこし協力隊 松平裕子