武周ヶ池

野見岳頂上にある、周囲約360mの池。季節ごとに咲き乱れる花々が美しい、絶好のハイキングスポットとなっています。

この池はおよそ400年以前の冬、池の東川にあった天賀峯という山が天正18年(1590)山津波を起こしたことで、武周ケ池が誕生したと言い伝えられています。中部北陸自然歩道の途中にあり、湖の上流部では、福井県で唯一武周ケ池だけで見られる水底から立ち上がる貴重なタチヤナギの群生林を見ることができます。緑濃い森に囲まれ、南北約1.5km、外周4kmで周囲には1km程の遊歩道が整備されています。

春先には青々とした緑が茂り、水面には青空と山の峰が美しいコントラストを写し出してくれます。空気が澄んでいれば息を飲むほど凛とした静寂な空間に包まれます。

理森林浴を満喫するには最高の環境。

秋には立木の隙間から見える透き通る赤い葉や黄色の四季折々の山の変化を楽しむことができます。

神秘的な竜神伝説があることでも知られている他、湖の東側をいく林道の途中から山側へ分かれて登ると、白山開祖と伝えられる泰澄大師の修行の池「越知山」に達することができます。

駐車場、トイレあり。池へのアクセスは山岳ルートで一部細い場所があります。

一部環境庁・福井県より一部抜粋

INFORMATION

事業所 武周ヶ池
所在地 福井県福井市二ツ屋町
連絡先 フォームよりお問い合わせください