ガラス作家
長谷川 渡 さん

超マイナー?!越前海岸神社巡り

福井市の越前海岸には個性的なお店は点在していますが、”これは!”という目立った観光名所はありません。ここにしかない本当の魅力は、日常の暮らしの中にあると思っています。それがよくイメージできるのが、神社かなと思っています。むかしから住む人々のお気に入りの場所たちです。

水分神社(鷹巣地区・長橋町)

山影から湧水が出る、海と棚田を一望できる神社。海の幸、山の幸、きれいな水。見渡す範囲だけで生きていけそうな豊かな風景。

鉾島神社(鷹巣地区・南菅生町)

有名な東尋坊と同じ柱状節理の島の上に建つ小さな祠。わりとスリル!な階段を登りきると360°の視界が広がる。
> 鉾島園地

守黎神社(国見地区・鮎川町)

おたけさんと呼ぶ、こんもりしたふたコブ山の山頂に建つ。貴重なスダジイの原生林が残る。極相の暗い森の中は厳かな雰囲気。鮎川町の街並みを見下ろせる。

 

八幡神社(国見地区・大丹生町)

ぼくの住む町の氏神さま。秋の例祭には神楽(獅子舞)を奉納する。特に絶景!というわけではないが、ここでの暮らしを想像できたらと思う。ぼくはここの境内の広場で遊び育ち、今は祭でここで笛を吹く。初詣もここ。

春日神社(国見地区・小丹生町)

ここからの眺めは本当に美しい。アトラクションのような鉄の階段を登っていくと海岸線が遠くまで見渡せ、海と山のちいさな隙間に瓦屋根の家々が身を寄せるようにたっている。春の晴れた日がおすすめ。

 

大日神社(国見地区・国見町)

かなり山の中。国見岳森林公園からすこし道を外れたところ。ぼくはモヤモヤするときは、ときどきここへバイクで駆け上る。水平線が遠く見渡せる。

 

長谷川 渡 さんに聞く!
福井市越前海岸ってどんなとこ?

Q1.あなたの住んでいる地区はどんな場所ですか?なぜここに住んでいるのですか?
福井市大丹生町(国見地区)
ここで生まれ育つ。20代は県外に、30代で独立開業のため帰郷。自分の仕事が、故郷の彩りのひとつとなれたならうれしいかもと思ったから。長男は帰ってこい!という幼少期からの洗脳もあり??
Q2.普段どんな仕事(活動)をしていますか?
ガラスを吹いている。
神楽(獅子舞)の笛を吹いている。
Q3.越前海岸にないものはなんですか?
便利さ。
信号。(盛り上げ隊エリア約25kmに2コ!)
Q4.越前海岸にしかないものはなんですか?
美しい自然、美味しい食材、伝統文化、いろいろあるけど、それは田舎であればどこにでもあるから。
Q5.この地域を形容詞で表すと?理由も教えてください。
硬くて、ゆるい
人も自然も、一見手ごわそうだけど実際そこまで過酷ではない。
ぼくにはちょうどいい。
Q6.この地域が、もっとこうなったら面白いということはありますか?
子供を育てるにはとてもいい環境だと思うけど、少子化がすごく進んでる。
何がいいのか?を、しっかり伝えることができたなら、面白いことになるように思う。
Q7.休日の過ごし方を教えてください。
スーパーへ買い出しドライブ
Q8.座右の銘を教えてください。
負けるが勝ち
Q9.ズバリ、この地域(福井市越前海岸)の魅力って何ですか?
都会にないものが、すべてある。