ブログ&ニュース

blog and news

移住者集まる魅力の地【県民福井】

今日、整理整頓をしていたら懐かしい記事がでてきました。

2年半前、2020年5月4日の県民福井さんの新聞記事です。

1番上に写っている伊藤大悟くん(@taigoito)は家族4人で東京から移住してきてくれました。今では越前海岸盛り上げ隊に欠かせないシステム担当で、熱く実直に組織改善、地域課題にも向き合ってくれてます。

奥さんのおさのなおこさん(@osanonaoko)は今月で地域おこし協力隊の3年間の任期を終えますが、地域に溶けこみ、本業の版画家としても今度個展があります。

真ん中の大久保さんは結婚してもうすぐ2児の母になりますが大好きな畑(エリバタ@ookuboeri)と縫製仕事(マーケットエリー@market.ellie)の半農半縫製の暮らしを楽しんでいます。

鈴木くんはスズキヤギ園としてヤギを飼育、地域の保育園や農家さんに繁殖した小ヤギを嫁がせています。
@yagishiosanとしてヤギたちのかわいいリール投稿が2.8万回以上も再生されるようなヤギスタグラマーでもあります。

誰もがこの2年半でこの地域に欠かせない人材になってくれて、とても嬉しいです。

彼ら彼女ら以降にも大野から、岡山から、埼玉から、長野から、千葉から、東京大阪から、、たくさんの方々が知るだけで移住してきてくれています。

地方、田舎に住むことで大変なことももちろんありますが、自分たちのやりたいことをしつつ、地域の恩恵を預かり、地域に欠かせない存在なり、活き活きと暮らす。そんな仲間たちが増えることを僕らは願っています。

この記事を書いた人

ヒトモノコトを伝え繋がる商店 しの屋 志野祐介

2019年頃、千葉県から福井県坂井市を経て、鷹巣地区へIターンで移住。
ヒトモノコトを伝え繋がる商店「しの屋」を中心に、製塩業、養鶏業、海女等様々な一次産業の事業を展開する近年福井で話題の人物。
隊内ではSNS発信を主に担当し、実際に彼の投稿を見て越前海岸への移住を決めた人も多くいるくらい、人に働きかける大きな影響力を持つ。

最新記事