ブログ&ニュース

blog and news

越前海岸の春

はじめまして、こんにちは。昨年秋の終わりに、東京から四人家族で引っ越してきました、版画家のおさのなおこです。

春が来てくれるのは、嬉しいですね。4月に入ってからとても陽気が良いので、家族で海岸線を自転車に乗って走ったり、近隣を散策しながら素敵な場所探しをしています。

ここ越前海岸には、隠されたお花見スポットがたくさんあるのに驚いています。どこも人で溢れている都会の桜しかあまり馴染みがなかったものとしては、なんて素敵な、と思う場所をたくさん見つけて、家族でひととき、桜の下でお茶を飲んだり、これまでにない春の思い出ができています。海を望みながらのお花見です。

数種類の西洋水仙、スズラン、ムスカリ

本当は内緒にしておきたいですが、ここは越廼ふるさと資料館の敷地内です。数種類の西洋水仙、スズラン、ムスカリ、菜の花、桜畑のなかにレジャーシートを広げるスペースもあり。誰も人がいないので、家族だけでのんびり過ごせました。

海の見える桜の園

海の見える桜の園。本当に素敵です。

桜の下のブランコ

そしてここは、家から自転車で出かけられる、白浜漁港そばにある公園。ぼーっと春風の心地よさに身を置いていたら、「桜に届いちゃう!」ブランコをこぐ息子の声。目一杯こぐと、本当に桜の花にぶつかりそうな素敵なブランコ。

漁港の灯台

海辺には漁港の灯台。この灯台がとても好きで。近くまで自転車を走らせ。毎日が、素敵な家族旅行をしているようにさえ思えてきます。

2ヶ月に渡る小学校の休校は、大変と思えば大変ですが、家族の時間が増えた、と捉えることにしましょう。

こんな春の日を重ねる毎日。越前海岸をどんどん好きになっています。

この記事を書いた人

版画ゆうびん舎 おさのなおこ

2019年末頃、東京都町田市からIターンで移住。
版画ゆうびん舎を運営し、版画作品、版画を使った日用品・デザイン等を制作し、地域に開かれた版画教室を主催。2019年~2022年は、越廼・国見地区の地域おこし協力隊に就任し、ガラス作家で隊長の長谷川らと共に、古民家「はりいしゃ」でアート関連事業を数多く手掛ける。

最新記事